最新情報

2013年8月23日引越全般
比較して引っ越しを安くする
2012年7月25日引越全般
荷造りのコツ
2012年7月17日引越全般
業者選びのポイント
2012年7月6日引越全般
早目にやる引越し前の手続き
2012年6月25日引越全般
退去時の現状回復

比較して引っ越しを安くする

引っ越しはサイトで比較して安くしましょう。今日は土曜日です。ネト友達が練馬から埼玉で引っ越すどうです。状況がSNSでリアルに分かるのでおもしろいです。
業者を使わずに2tトラックを使い、友達に手伝ってもらっています。結局2tでは摘み切れなかったそうです。家族3人の引っ越しです。
ひっこしは前日までの準備が大変ですね。徹夜になることもあります。なんだか試験勉強のようだ。当日は荷物を入れこむだけです。荷物の整理は数日かかってもいいわけですから。
土曜日は引っ越し料金は高いです。

引っ越しはライフラインとか手続きがたくさんあります。やることをメモして時間軸で忘れないように処理していきましょう。
引っ越しで大切なものを無くす時もあれば、大事なものが見つかるときもあります。引っ越しも各種手続きなどの情報はWEBサイトでも仕入れることができます。ついでに引っ越し業者を一括で資料請求してみましょう。

私は過去に引っ越し回数は多いほうでしょう。若い頃は気分で引っ越ししていました。環境が変わるという必然的なきっかけもありましたが。親戚の家に一か月居候するということもありました。それまで会ったことのない、三人女性の親戚でしたから向こうはどう思ったのでしょうか。あまり気を使わない皆さんだったので逆に助かりました。
それをきっかけに今でもお中元を贈ってきます。こちらはお返しに自家栽培の野菜を送っています。今でもおばさんはお元気です。

タグ

2013年8月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:引越全般

荷造りのコツ

荷造りのコツです。本など思い物は小さい箱に詰めましょう。自分で持てる重さにしましょう。
使わないものからダンボールに詰めましょう。貴重品はしっかり管理して自分で持っていきましょう。皿、コップなど種類別に分けましょう。包装は1枚づつ包みましょう。
食器の箱の底には、新聞紙など緩衝材を敷きます。食器を包んだら、皿は立てて、茶碗やコップは伏せて入れると割れにくいです。重心が偏らないよう、均等に入れていきます。大きい物は下、軽いものは上です。衣類はタンスの引き出しごとにダンボールに詰めましょう。衣類を折りたたんだ大きさより、おおき目の段ボールに入れましょう。

布団は布団袋の中に入れましょう。布団の中に割れもの等を入れないようにしましょう。大抵、業者がハンガーボックスを用意してくれるので、ハンガーにつるす物は入れることができます。和ダンスの衣類はそのままでいいです。
段ボールになるべく入れましょう。蓋がしまらない時は空けたままでいいです。段ボールの底はガムテープで十字に貼ります。紙テープは弱いので使いません。古い段ボールは古いテープを剥がしましょう。人形ケースは中に詰め物をしましょう。

品物と搬入先の部屋名を箱にはっきり書いておきます。中身を考慮してトラック内に積み重ねるからです。何より、作業員に注意を促すことになり、破損トラブルを減らせます。
家電製品の扱いにも注意してください。パソコンは万一、振動で壊れたときのために、必ずバックアップをとります。配線は取り外しておきましょう。なるべく購入した箱に入れましょう。

洗濯機の中には何も入れないようにしましょう。最近人気のドラム式の洗濯機は、ドラムを固定して運ばないと壊れる恐れがあります。付属の固定ボルトがあるはずだから用意しておきましょう。テレビやオーディオの配線はコードごとに「L1」など接続先を書いたシールを貼っておくと、新居で簡単に接続できます。ストーブの灯油は必ず抜いておきます。

早目に引っ越しを済ませたいという思いから、荷物の搬出、搬入も手伝いがちだ。しかし業者に任せたほうがいいです。荷物の出し入れにもコツがあるし、仮に自分で運んだ荷物を破損した場合、業者の責任を問うのは難しいからです。
荷物の紛失トラブルは、転移前の住宅への置き忘れと、トラックからの出し忘れが多いそうです。
出発前には部屋を、荷入れ後にはトラック内を現場責任者とともに点検しましょう。

タグ

2012年7月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:引越全般

このページの先頭へ